貧乏暇だらけ

筋トレとサプリのブログ

自宅用ダンベル「Wout バーベルにもなるダンベル」

アイコン
こんにちは!ホームトレーニーのあれすたです!

ホームトレーニーとは言いましたが、我が家にホームジムなんてものは無く、しかも木造なので使うトレーニング器具は吟味しなくてはなりません。

特にダンベルとバーベルは重量物なので、色々悩んだ結果、Wout バーベルにもなる ダンベルを買いました。

かれこれ1年以上使っていますが、我ながらベストチョイスだったと思います。

Wout バーベルにもなるダンベルの内容物

f:id:aresta9:20191116101243j:plain

Wout バーベルにもなるダンベルには、下記のラインナップがあります。

  • 5kg x 2本
  • 10kg x 2本
  • 20kg x 2本

私が買ったのは20kg x 2本のセットで、その場合は上記の写真にあるプレートの組み合わせになります。

プレートの材質と形状

f:id:aresta9:20191116101547j:plain

ポリエチレン樹脂でコーティングされており、手触りはザラザラというかサラサラした感じ。

表面が金属ではないため、オイルが塗られておらず、嫌なニオイがしません。

また、他のダンベルと比較すると、プレート同士がぶつかっても金属音がしづらいです。

プレートの角が丸く取られているため、自宅の床などを傷つけづらく、敷金に優しいこともポイントです。

それと!形が8角形なので床に置いても転がりません!

(ジムと違って自宅にはダンベル用のラックが無いので、実はコレが一番重要なポイントだったりします。)

  • 表面は樹脂コーティング
  • ニオイがしない
  • ぶつかっても音がしづらい
  • 角が丸いので床や壁を傷つけにくい
  • 8角形だから転がらない

Wout バーベルにもなるダンベルの使い方

商品名の通り、ダンベルにもバーベルにもなります。

限られた自宅という空間で様々なトレーニングを試すには、1つで色々な使い方が出来るトレーニング器具の方が良いのです。

ダンベルとして使う

f:id:aresta9:20191116101621j:plain
f:id:aresta9:20191116101624j:plain

シャフトには溝が刻まれており、プレート止めのクリップにも同様の溝があります。

まずシャフトに必要な枚数のプレートをセットして、端からクリップを回してはめ込むわけですね。

  1. シャフトにプレートを必要な枚数だけセットする
  2. 端からクリップを回し止める

※高重量の時は、一気に全部セットするとバランスが悪くなるので、左右交互にプレートを足しつつ作業すると良いです。

f:id:aresta9:20191116111708j:plain

ダンベルにすると、こんな感じ。

クリップは「足が生えている方が内側」なので注意です。

逆にするとしっかり固定することができません。

バーベルにする方法

f:id:aresta9:20191116101752j:plain

バーベルにして使う際は、このジョイントパーツを使います。
クリップと同様に溝が刻まれていますので、左右のバーベルの端っこのクリップを、このジョイントに置き換えて使います。

※私が購入した後にジョイントパーツがリニューアルされたらしく、現行商品は樹脂製の更に長いジョイントに変わっているようです。

f:id:aresta9:20191116101301j:plain

バーベルにする際は、少なくとも内側のプレートをセットした状態でジョイントする必要があります。

重いプレートを付けたままクルクル回すのは難しいので、少しコツがあります。

  1. 2つのシャフトにバーベル内側分のプレートをセットする
  2. 片方のバーベルにジョイントを回し止める
  3. もう片方のバーベルをジョイントに付けて、バーベル自体を回してジョイントと繋ぐ

少しだけクリップを緩めておけば、プレートが転がることなく、中心のシャフトだけを回すことができます。

プレートが円形ではないからこそ出来る方法ですね。

f:id:aresta9:20191116104056j:plain

バーベルはこんな感じ。

バーベルにすると一気に重量が重くなるので、特に床に置く時は慎重に扱いましょう!

あと、おそらく表面がザラザラしているお陰だと思いますが、クリップをしっかり止めておけば、使用中にプレートがクルクル回ったりすることはありません。

バーベルにする意味

アイコン
別に1つに繋げなくても、ダンベルのままで良いんじゃない?

確かに、多くのフリーウェイトの種目はバーベルでもダンベルでも行うことが出来ますが、負荷のかかり方がダンベルとバーベルでは異なります。

基本的には、ダンベルの方が関節の可動域が広くなり、対してバーベルは狭くなります。

ただし、その分バーベルの方が重い重量を扱うことが出来ます。 

そして、バーベルの最も大きな特徴と言えば、「担ぐことができる」ということです。

例えばスクワットはバーベルを担いで行う必要があり、ダンベルのように左右にウェイトが分かれていると、正しいフォームで行うことが出来ません。

バーベルの方が良い種目・バーベルでないと出来ない種目があるからこそ、1つの器具でダンベルにもバーベルにもなるというのが大きなメリットなのです。

Wout バーベルにもなるダンベルのレビューまとめ

Wout バーベルにもなるダンベルは、今までのダンベルにありがちな「臭い・うるさい・危ない」を全て解決した凄いやつです。

私みたいに頑なにジムへ行かない自宅勢の皆さん!コイツはかなりベストなチョイスだと思いますよ!