貧乏暇だらけ

筋トレとサプリのブログ

おすすめプロテインバーまとめ【実食レビュー】

プロテインバーとは

読んで字の如く、プロテインの含有量が高いバー状のスナック菓子を指します。以前から海外メーカのものは色々な種類がありましたが、最近は国内メーカの商品が沢山出てきており、ただでさえ多いプロテインバーの選択肢が更に増えました。

私もプロテインバーが大好きで、朝食の置き換えや、おやつとして取り入れています。

アイコン
タンパク質がどっさり入ってるので筋肥大にオススメ

プロテインバーの選び方のポイント

  • タンパク質量が一番大事!
  • 1本あたりの価格はいくら?
  • カロリーはどのくらい?
  • いくら成分が良くても美味しくないとダメ
  • どこで買える?

海外のプロテインバー

BSN Syntha-6 PROTEIN CRISP(シンサ)

f:id:aresta9:20190817085107j:plain

  • カロリー:240kcal
  • タンパク質:20g
  • 脂質:7g
  • 糖質:4g
  • 209円 / 本(現時点のiHerbから)

初めに正解をお伝えしますが、このシンサのプロテインバーが最も優れていると思います。

単純にグラムあたり、1円あたりのプロテイン含有量という比較であれば他に軍配が上がりますが、各種成分やコスパといった全体的な評価基準が合格点であり、かつ最も味が美味しいのがシンサです。特に拘りポイントの無い方にオススメしたいです。

また、他の商品と異なる特徴としてザクザクとした食感があげられます。柔らかいグラノーラのような、少し粘ついた感じですね。

塩タフィープレッツェル味が一番人気ですが、私はピーナッツバタークランチ味がお気に入りです。

アイコン
失敗したくない人はシンサを買えばいいよ!

Muscle Pharm COMBAT CRUNCH(マッスルファーム)

f:id:aresta9:20190817085110j:plain

  • カロリー:210kcal
  • タンパク質:20g
  • 脂質:7g
  • 糖質:5g
  • 174円 / 本(現時点のiHerbから)

こちらは非常にコスパに優れており、味や食感が好みであればベストチョイスになるかもしれません。(海外のお菓子特有のチューイー感が強いです。)

味のバリエーションも多く、どれか1つは気に入った味もあるかと思います。私は画像のラズベリー味が好きです。

アイコン
アメリカのお菓子みたいな食感

 Premier Protein(プレミア プロテイン)

f:id:aresta9:20190817160908j:plain

  • カロリー:300kcal
  • タンパク質:30g
  • 脂質:10g
  • 糖質:10g
  • 157円 / 本(現時点のAmazonから)

コストコのプロテインと紹介されていることが多いですが、Amazonなどでも売っていたりします。

最大の特徴はプロテイン含有量が30gという驚異の数字です。多くの海外プロテインバーは20gのものが多く、1本でその1.5倍ものタンパク質を摂取できるのが魅力です。

しかしながら、食感は非常に硬くスティッキーで、後味に独特の苦味が感じられます。牛乳と一緒に飲めば美味しく食べれないこともありませんが、私はかなり苦手な味でした。

アイコン
食べ始めの3秒は美味しい

Think HIGH PROTEIN BAR(シンク)

f:id:aresta9:20190817160905j:plain

  • カロリー:230kcal
  • タンパク質:20g
  • 脂質:8g
  • 糖質:23g
  • 171円 / 本(現時点のiHerbから)

ブラウニー味しか食べたことがありませんが、これはかなり美味しいです。

言われてみれば少し違和感のある味ですが、何も言われずに渡されたら、普通にブラウニー風のお菓子だと思って食べきってしまうでしょう。

こちらはチューイー感はなく、柔らかい食感です。他のプロテインバーに飽きた頃に食べると良い感じです。

アイコン
レンジでちょっとだけ温めるとブラウニー感が増す

California Gold Nutrition FOODS(カリフォルニアゴールドニュートリジョン)

f:id:aresta9:20190817185946j:plain

  • カロリー:190kcal
  • タンパク質:6g
  • 脂質:13g
  • 糖質:7g
  • 126円 / 本(現時点のiHerbから)

こちらは、フィッシュオイルやプロテインが有名な海外メーカが出しているスナックバーです。

タンパク質の含有量が比較的少ないので、正確にはプロテインバーには含まれないかもしれませんが、たまたま手元にあったので番外編として紹介します。

食感としてはシンサの粘り気が強い版といった感じで、小さいながらも食べごたえはあります。

何より嬉しいのが、6フレーバー12本入りのバラエティパックがあるため、色々なフレーバーを気軽に楽しむことができます。

成分的には満点とは言い難いですが、たとえば食事制限の中のご褒美的なアイテムとしてたまに取り入れると飽きなくて良いです。

味ですが、脂質が多いだけあってコクが強いのが特徴です。

アイコン
ナッツっぽい食感が特徴

国内のプロテインバー

inバー

手元になかったので写真がありませんが、このシリーズはどのフレーバーもめちゃくちゃ美味しいです。さすがinブランドなだけありますね。(今は先頭にウイダーがつかないそうです。)

強いて欠点を挙げるとすると、少し割高なことと、フレーバーによっては脂質が多いものがあることです。また、プロテイン含有量も海外メーカのものと比較すると半分ほどです。

アイコン
どこでも買えるのでお試しにどうぞ

丸善 プロフィットささみプロテインバー

f:id:aresta9:20190817163951j:plain

  • カロリー:138kcal
  • タンパク質:22.2g
  • 脂質:1.4g
  • 糖質:9g
  • 216円 / 包装(現時点のAmazonから)

これをプロテインバーの括りに入れて良いのかわかりませんが、商品名にプロテインバーとあるので、入れます。

1包装の中に2本のバーが入っているのですが、どう見てもソーセージで、味もソーセージです。要冷蔵ではありませんが、冷やしたほうが美味しいです。

肝心の味ですが、魚肉ソーセージのような味です。ビールのつまみでもイケると思います。

アイコン
最近はコンビニでも売ってる!

 まとめ

ここで挙げたもの以外にも沢山の種類のプロテインバーがあります。

iHerbなどの通販サイトで容易に購入できますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

筋トレに大事なことは、毎食のタンパク質量を確保することですので、日々の補助食品として活用してみてください。

アイコン
この記事は定期的に追記していく予定