貧乏暇だらけ

筋トレとサプリのブログ

ブログのアイコンを変更するメリット

アイコンを描いて頂きました

f:id:aresta9:20191027155958j:plain

|д゚)チラッ

f:id:aresta9:20191027143803j:plain

ジャーン!「イグアナ」です!

今までは「ひまわりの写真」を使っていましたが、このたび「ガラ@redkiui」さんにイラストを描いて頂きました!めちゃカワイイです!

f:id:aresta9:20191027171718j:plain

今までは「カメラロールにあって綺麗だったから」という理由で、ブログと全く関係無いひまわりの写真を使ってました。。

想定している使い所

1. プロフィールアイコン

f:id:aresta9:20191027173639p:plain

PCなら右側のサイドバーにあるヤツ!スマホならめっちゃ下の方に出てくるよ!

著者近影みたいな感じがして、最早このイグアナが私自身かのような愛着が湧いてきます。

2.この記事を書いた人

f:id:aresta9:20191027173818p:plain

記事の下に表示してるヤツですね。

外から当ブログを見に来てくれた人は記事を読む前にいちいちプロフィール欄なんて見ないと思いますので、記事を読んで頂いた後に改めて表示しているものです。

3.Twitterアイコン

f:id:aresta9:20191027174007p:plain

まるでイグアナが喋ってるみたいです。今まではひまわりが喋っていたみたいです。

Twitterのタイムラインは「アイコン」を見て「誰のツイート」なのかを直感的に判別して認識しているところがあります。なので急にアイコンを変えると誰だかわからなくなるという不安も少しありますね。

イグアナを見かけたらそれは私なので宜しくお願いします!

4.吹き出しセリフ

アイコン
既にいくつかの記事で喋ってるぞ!

これを使いたかったのが今回アイコンを変更した最大の理由です。ひまわりが喋っててもわけわかんないですからね。

既に試験的に幾つかのページに取り入れ始めていますが、こんな感じの「吹き出しセリフ」を今後は使っていこうと思っています。

おそらく大多数の読者は書かれている文字の大半を飛ばし読みしているはずなので、「画像」と「会話」という新たな要素で注意を引こうという魂胆です。

小説よりラノベの方が読みやすかったり、文庫本より漫画の方が楽に読めるのと同じ原理だと思っています。

動物のイラストにするメリット

あくまで私が感じた印象ベースですが、「前回アイコン(風景・写真)」から「今回アイコン(手書き・動物・イラスト)」にアイコンを変更することで得られるメリットを考えてみました。

「会話」させることができる

動物は会話が出来ませんが、人間と同じく固有の意思を持っています。

また、デフォルメされたイラストであることによって、「きぐるみ」のような「動物をモチーフとした別のキャラクター」の性質を持つことから、「イグアナの顔をした人」として扱うことが出来ます。

アイコン
「風呂上がりのおっちゃん」みたいな顔してない?

中の人の存在が伝わる

今までのプロフィール画像は「ありふれた風景」であり、書かれている文章とは完全に切り離されているものでした。

たまたまプロフィール欄に載ってはいますが、それは私ではなく、ただ単に風景画を部屋に飾っているようなものです。

一方で今回のアイコンは「会話ができる」「当ブログにしか居ない」「人間らしい」生き物です。

あたかも裏でアイコンのイグアナが記事を書いて、ブログを運営しているような執筆背景が見えてきませんか?

同じ文章であっても、顔の見えない正体不明の人物が書いた言葉と、顔の知れた人物が書いた言葉には抱く印象が異なるはずです。

それは必ずしも信頼性の向上に結びつくわけではありませんが、少なくとも「この人の考え・言葉」という特定の個人に帰属する一つのブランドを構築することが出来ます。

今までの「ひまわり」は「貧乏暇だらけ」というブログを表す「看板」でしたが、今回の「イグアナ」は「私」なのです。