貧乏暇だらけ

筋トレとサプリのブログ

超快適ヘッドホンカバー「Ear Touch」を使ってみた

ヘッドホンをお使いの皆さん、ヘッドホンカバーって使っていますか?

ヘッドホンカバーとは、ヘッドホンの「ムレ」や「ベタつき」を防いだり、より耳にフィットした装着感を得るために後付けでヘッドホンに付けるアイテムです。

ヘッドホンカバーとして既に沢山の製品が出回っていますが、今回ご紹介するのはEar Touchという新しいタイプのヘッドホンカバーです。

Ear Touchの特徴

Ear Touchは従来のヘッドホンカバーと異なり、イヤーパッド部分(輪っかのところ)のみを後付でカバーする形状であることが特徴です。

耳に触れる部分だけを覆う形なので、スピーカーからの音には干渉することなく、音質を損なわずに装着感を向上させることができます。

サイズは3サイズ

f:id:aresta9:20200201125309j:plain

「M」「L」がイヤーパッド内側の大きさで、後ろの数字がイヤーパッド外側の大きさを表している

現在ラインナップされているサイズは「L70」「M70」「M55」の3種類です。

Ear Touchは中央が空洞になっているので、ヘッドホンのスピーカー部分を塞ぎません。

イヤーパッドの装着による音のこもりや音質の低下が起こらないので、ヘッドホンの音にこだわりのある方でも安心して使えると思います。 

Ear Touchの構造

f:id:aresta9:20200201123331j:plain
f:id:aresta9:20200201123334j:plain
f:id:aresta9:20200201123337j:plain
間に入っている厚紙の抜き忘れに注意!

写真3枚目(右)の「手前の指でピラッとやっている部分」がイヤーパッド本体で、ここをヘッドホンのイヤーパッドに被せます。

「ピラッ」の内側に見える厚紙は形状固定用の厚紙なので、事前に抜きましょう。これを抜かないとヘッドホンに装着できません。

f:id:aresta9:20200201123941j:plain
f:id:aresta9:20200201123944j:plain
f:id:aresta9:20200201125803j:plain
芯をヘッドホンにはめて、フワフワの部分をイヤーパッドに被せる

別の角度からもう3枚。

真横から見た写真がわかりやすいですが、Ear Touchの構造はカバーと芯でヘッドホンを挟み込む形状になっています。

ちょうど厚紙が入っている位置がヘッドホンになるわけですね。

Ear Touchの装着方法

f:id:aresta9:20200201130024j:plain
f:id:aresta9:20200201130029j:plain
①手に持つ ②芯の方(親指と薬指で挟んでるヤツ)をグニャッと曲げる
f:id:aresta9:20200201130229j:plain
f:id:aresta9:20200201130231j:plain
③ヘッドホンを用意して ④グニャッと曲げて細くなった部分からヘッドホン内側にはめ込んでいく
f:id:aresta9:20200201130351j:plain
f:id:aresta9:20200201202410j:plain
⑤芯がヘッドホン内側に全部はまったら ⑥イヤーパッドの部分をヘッドホンの上に被せていく

f:id:aresta9:20200202120341j:plain

⑦全部かぶせたら装着完了!

今回は「ゼンハイザー HD650」に「M70」サイズのEar Touchを装着しましたが、サイズは結構ギリギリな感じでした。ちょっとパツパツしてますね。

ちなみに「L70」だと内径(芯)が大きすぎて装着できませんでした。

別のヘッドホンだと「BOSE QC35」が「M55」でピッタリな感じです。

Ear Touchの使用感

私はPCの前に座っている間は常にヘッドホンを装着しているタイプの人種なので、Ear Touchを付けた状態で連続使用してみました。

音質の劣化はゼロ

f:id:aresta9:20200201134926j:plain

まず音についてですが、音質の劣化は全くありません。

Ear Touchはスピーカー部と耳の間には一切干渉していないため、構造的に音を遮らないようになっています。イヤホンではなくヘッドホンを好んで愛用されている方の多くは音に拘りのある方が多いと思うのですが、Ear Touchであれば音の劣化が起こらないため、特に音質を追求される方におすすめだと思います。

素材がサラサラで気持ちいい

f:id:aresta9:20200201140029j:plain
Ear Touchの表面素材にはトリノクールという機能素材が採用されています。

光沢と伸張性に優れた素材で、水着やフィットネスウェアなどが主な用途です。

実際に表面がかなりツヤツヤしていて、触っていて気持ちいい感じです。

半日ほど連続で耳につけていましたが、ムレることなく肌触りはサラサラのままでした。

特に気密性の高い密閉型のヘッドホンをお使いの方は更に差が実感できると思います。

Ear Touchの今後の販売予定

Ear Touchですが、現在はテストマーケティング中の段階で、今後は下記の展開が予定されています。

クラウドファンディングがスタートしました ※2月28日追記

クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」にて、2月27日からクラウドファンディングがスタートしました!>>コチラ

なんとスタート1日にして目標金額に到達したようです!

新たなバージョンとカラーバリエーション

本記事でご紹介したものは「multi」というバージョンになります。

今後はヘッドホン機種ごとの専用カバータイプや、モフを着けてヘッドホン自体を耳あてにするタイプなどが予定されています。

また、カラーバリエーションは今後10色ほどに増えるとのことです。